データ・テクノ
  1. アナログ入力一体型SDロガー_仕様

アナログ入力をテキストファイルに記録

アナログ入力一体型SDロガー

特長事例集仕様ダウンロード

仕様

バリエーション


機種 入力 チャンネル 電源供給
DT-ML-ASD-10V ±10V 4ch なし
DT-ML-ASD-420 4-20mA



DT-ML-ASD-420-S24 2ch 24V供給
DT-ML-ASD-420-S12 12V供給
※その他カスタマイズいたします。

仕様表

通常版 電源供給可能版
機種 DT-ML-ASD-10V
DT-ML-ASD-420〔※1〕
DT-ML-ASD-420-S24
DT-ML-ASD-420-S12〔※2:12V版〕
入力仕様 標準で±10V 16ビット分解能
入力インピーダンス10MΩ
±(読み取り値0.5% + 5mV)
〔カスタム対応〕
・抵抗値の設定で柔軟に電圧範囲の設定が可能。
・シャント抵抗内蔵可能(4-20mA対応も制限付きで可能)〔※1〕
4-20mA 実質14ビット分解能
75Ωシャント抵抗+電流制限素子
±(読み取り値0.5% + 5uA)
25mA フルスケール
チャンネル数 4チャンネル非絶縁 2チャンネル非絶縁
本体電源 5V 300mA
microUSBコネクタから供給
24V 50mA (電流は外部への供給を除く)
オプションで5~26Vで動作〔※2〕
φ2.1 DCジャック(センタープラス)から供給
入力端子への
電源供給
なし あり。
全チャンネル合計で100mA。
電源電圧がほぼそのまま入力端子V+に供給される。
変換レート 1回/1秒~1回/32767秒 ←同左
表示 8桁2行 英数記号表示
1秒ごとに、以下を繰り返す。
日時表示→1,2チャンネル表示→
3,4チャンネル表示→ファイルステータス(保存中のみ)
設定により表示チャンネル数を1~4チャンネルにできる。
8桁2行 英数記号表示
1秒ごとに、以下を繰り返す。
日時表示→1,2チャンネル表示→
ファイルステータス(保存中のみ)
設定により表示チャンネル数を1~2チャンネルにできる。
保存メディア 標準サイズSDカード (32Gバイト SDHC以下) ←同左
保存形式 日時、変換値のCSVファイル ←同左
電源遮断時のファイル
書き込みの保全
電気二重層コンデンサによるバックアップ ←同左
時計 内蔵(月差±1分)
リチウムボタン電池CR1220でバックアップ
←同左
ユーザー設定 パソコンの専用ソフトで
・時刻合わせ
・表示チャンネル数
・変換レート
・スケーリング
の設定が可能。
パソコンとの接続はmicroUSB
←同左
サイズ 67×67×28mm (突起物含まず) ←同左
重量 90g ←同左
価格 55,000円(税込) ←同左

Page top

製品ご購入製品ご購入はこちら