データ・テクノ

お知らせ

2020.09.29

ラインコンバータを更新しました。

詳細

2020.09.28

LCD表示評価支援を更新しました。

詳細

2020.09.10

SDロガー4がRS-485のシーンで使えるようになります

 2020年10月1日ラインコンバータの発売を開始します。
 ラインコンバータを用いると、SDロガー4がRS-485のシーンで使えるようになります。

ラインコンバータ写真

■ラインコンバータとは

 ラインコンバータ(DT-LC-485L)は、RS-232CとRS-485を変換するコンバータです。
 D-Sub9ピンコネクタ7番ピンから送受信切り換えの制御ができ、SDロガー4のラインコンバータ制御機能に適応します。
 また、D-Sub9ピンコネクタ9番ピンから、電源の供給を受けることが出来ます。

■ラインコンバータとSDロガー

 ラインコンバータ(DT-LC-485L)を用いることで、SDロガー4をRS-485が使われているシーンで、使用することが出来ます。
 Modbus機器からのデータを取得して記録することもできます(資料「SDロガー4でModbusからデータを読み出す」を準備中です)。

SDロガー+ラインコンバータ

 ・ラインコンバータの電源はSDロガー4から供給することが出来ます。
 ・SDロガー4から送受信切り換えを制御しますので、シンプルで確実な制御が行なえます。

2020.06.28

SDロガー4最新アップデート(V396X)を公開しました

詳細は、


SDロガー4がV396Xにバージョンアップ


をご覧ください。

Page top