データ・テクノ
  1. 【スクリプト】ロガーのスクリプトとは

ローコスト小型軽量シリアル(RS-232C)データロガー

SDロガー4(ケース付き、基板タイプ)

特徴事例集仕様・オプションダウンロード技術情報

技術情報

【スクリプト】ロガーのスクリプトとは

自動ロギング機能だけでは・・


接続した機器から、一方的にデータを送ってくる場合しかロギングできませんでした。

ロガーのスクリプトは送信機能を備えています


ロガーのスクリプトを用いると、ロガーからデータを送信出来ます。

コマンドを送らないとデータを送信してこない機器にでも・・


スクリプトでコマンドを送信することができます。
「START」というコマンドがきっかけでデータを送ってくる機器ならば、つぎのようなスクリプトを書きます。

/START

これだけを書いたテキストファイルを、「SCRIPT.TXT」か、「SCRIPT.SCR」という名前でSDカードに作り、ロガーに装着し電源を入れると、最初に「START」というコマンドを送信します。

周期的にコマンドを送るには


コマンドは周期的に送信することもできます。
「MEAS」というコマンドを送ると、1個の測定データを送ってくる機器だとすると、つぎのスクリプトで、周期的にデータのロギングができます。

#LOOP EVER
#WAIT TIME 1S
/MEAS
#END

スクリプトについて詳しくは

チュートリアル
リファレンス
を参照してください。

SDロガー4の技術情報リストに戻る

関連商品

アナログシリアルコンバータ

アナログシリアルコンバータ

詳細を見る

 

RS232C分配アダプタ

Page top