データ・テクノ
  1. ラインコンバータご利用ガイド

SDロガー4がRS-485のシーンで使えます

ラインコンバータ

特徴仕様ダウンロード技術情報

技術情報

ラインコンバータご利用ガイド

■SDロガー4のラインコンバータ制御機能

 ラインコンバータ(DT-LC-485L)をSDロガー4と一緒にお使いになる場合は、SDロガー4の「ラインコンバータ制御機能」を設定してください。
 
ラインコンバータ制御機能
 
 設定変更は、SDロガー4をパソコンと接続し、「設定変更ソフト(DTMCHost)」を起動して行ってください。
 SDロガー4の設定変更の詳しい行ない方は、「DTMCHostの使い方」をご覧ください。
http://www.datatecno.co.jp/datatecno_core/content/uploads/2020/06/DTMCHost-users_X519006-1.pdf (2020/08/27現在)

■SDロガー4からの電源供給

 ラインコンバータ(DT-LC-485L) SDロガー4と一緒にお使いになる場合、SDロガー4から電源の供給を受けることが出来ます。
 SDロガー4から電源の供給を受ける場合は、SDロガー4の基板上のJ2を短絡してください。
 ケース入りの場合この作業は、ビスを外し、カバーを開けていただく必要があります。
 
ジャンパーピン
 
 ※SDロガー4のJ2を短絡すると、SDロガー4のD-Sub9ピンコネクタ9番ピンから、CN2 DCジャックへの供給電源が出力されます。ラインコンバータ以外のものを接続すると、ものによっては故障する可能性がありますのでご注意ください。
 
 SDロガー4の使い方については「SDロガー4取扱説明書」をご覧ください。
http://www.datatecno.co.jp/datatecno_core/content/uploads/2019/10/DT-MC04-X-UserManual-X519009-5.pdf (2020/08/27現在)

■ターミネータ

 ターミネータはRS-485接続の末端なる場合必要です。
 本コンバータが接続の末端になる場合、有効にしてください。
 ディップSW1 == ONでターミネータ有効

■プルアップ・ダウン

 RS-485通信では、無通信のときすべての機器が電気的に開放してしまい、信号レベルが不安定になることがあります。
 その際にデータが存在する方向に傾いてしまうと、うまく通信できません。
 そのような場合はプルアップ・ダウンを有効にしてください。
 プルアップ・ダウンを有効にすると、信号レベルをデータが存在しない方向へ安定させます。
 ディップSW2,3 == ONでプルアップ・ダウン有効

ラインコンバータの技術情報リストに戻る

関連商品

ローコスト小型軽量シリアル(RS-232C)データロガー

SDロガー4(ケース付き、基板タイプ)

詳細を見る

Page top