データ・テクノ
  1. (CFロガー)スクリプトで制御するRTS信号の論理

ローコスト小型軽量シリアル(RS-232C)データロガー

SDロガー4(ケース付き、基板タイプ)

特徴事例集仕様・オプションダウンロード技術情報

技術情報

(CFロガー)スクリプトで制御するRTS信号の論理

 CFロガー、スクリプト版の初期のバージョンで、下記に示すとおりRTS信号の出力論理が逆になっていました。
 この症状は、SDロガーや、CFロガーの新しいバージョンでは修正されています。

該当症状 V030S ~ V036S #RTS ON で Low レベル。
             #RTS OFF で High レベル。

修正後(正規の動作) V038S ~ #RTS ON で High レベル。
                #RTS OFF で Low レベル。

 この症状を修正したため、CFロガースクリプト版の新旧バージョンで、互換性が失われています。
 CFロガーの古いバージョンで使用されていたRTS制御を行なうスクリプトを、SDロガーやCFロガーの新しいバージョンでご使用になる場合は、該当箇所を変更していただく必要があります。

 この問題は、CMLoggerでは起こりません。
 古いバージョンのCFロガーと、CMLoggerとのあいだにも互換性がありません。

SDロガー4の技術情報リストに戻る

関連商品

アナログシリアルコンバータ

アナログシリアルコンバータ

詳細を見る

 

RS232C分配アダプタ

SDロガー4がRS-485のシーンで使えます

ラインコンバータ

詳細を見る

Page top