各種測定器のデータを記録する「データロガー」の開発・販売、電子回路の設計・製作、ソフトウェア開発

コンフィギュレーションモード、プログラミングモードでは57600bpsを使用しないでください

2014.07.18

SDロガー、CFロガーの、コンフィギュレーションモード(設定変更時)、プログラミングモード(内部プログラムアップデート時)では57600〔bps〕を使用しないでください。 これらのモードでは57600〔bps〕に設定すると、ビットレート誤差が大きくなり(3〔%〕以上)、通信エラーになる可能性があります。

なお、通常のモードでは、ビットレート誤差が3〔%〕を超えることはありません。

関連記事

アップデート情報

登録されている記事はございません。

カテゴリー