各種測定器のデータを記録する「データロガー」の開発・販売、電子回路の設計・製作、ソフトウェア開発

パフォーマンスに関して

2008.07.01

CFロガーは、フォーマット直後のカードを使用するのが一番パフォーマンスを発揮できます

パフォーマンスを必要とする応用には、フォーマット直後のカードを使用されることをお勧めします。

多くのファイルが入っているカードではどうなるか

起動されてから、ロギングが開始出来るまでの時間が長くなります。

また、作成できるファイルの数には上限があります。それを越えてしまった場合はロギングできません。

長く使っているカードではどうなるか

数多くファイルの作成や消去などを繰り返されたカードでは、空きスペースが連続せずに飛び飛びになっていることがあります。

そのようなカードで、高速にロギングしようとすると、書き込みが追いつかずエラーを起こす可能性があります。

どの程度でエラーを起こすかは、使用するカードにもよりますので一概にはいえませんが、あるカードで、最悪の条件を作った場合、19200bps以上で連続データをロギングしようとすると、エラーを起こす場合があります。

関連記事

アップデート情報

登録されている記事はございません。

カテゴリー