各種測定器のデータを記録する「データロガー」の開発・販売、電子回路の設計・製作、ソフトウェア開発

ストップビットについて

2008.07.31

Q:ストップビットの設定がありませんが、ストップビットはどうなっていますか
ストップビットは「1」固定です。
CFロガーが受信する場合は、ストップビット「1」のデータも、ストップビット「2」のデータも受け取れます。従がって、「自動ロギング版」では特にこだわる必要はありません。
CFロガーが送信する場合は、ストップビット「1」で送信されます。「コマンド版」、「スクリプト版」で、CFロガーからの送信を受け取る場合は、ストップビット「1」で受信してください。

※V032C以降のコマンド版では、ディップスイッチにより「2」ストップビットに設定できるようになりました。

※V032S以降のスクリプト版では、スクリプトの記述により「2」ストップビットに変更できるようになりました。

関連記事

アップデート情報

登録されている記事はございません。

カテゴリー