データ・テクノ

開発実績詳細

AI活用 検証プラットフォーム
AIを活用するためのデータ収集やアルゴリズム検証のためのプラットフォームを敏速に提供して欲しい。

年代2019年
背景:ネットワークの高速化により、エッジデバイスであっても
大量のデータを高速に処理し、AIなどのような高度な
アルゴリズムを活用することが必須となってきた。
業種FA機器メーカ
業務内容(ハード)市販ボードとお客様の既存回路をつなぐインターフェース基板
業務内容(ソフト)動作確認と、データ収集・アルゴリズム検証のベースとなるファームウェア
機能高速SPI(7.5Mbps)で通信
取得したデータをパソコンに吸い上げる(USBシリアル)
SDRAMアクセス・既存基板の制御
目標既存のものを出来るだけ利用して敏速に仕上げる。
特徴市販の評価ボードとお客様の既存回路を用い、
必要最低限のインターフェースのみを基板化し、敏速に対応した。
結果ラピット検証環境として、高速大容量なデータを確実に取得・蓄積し、 アルゴリズム検証を加速させる評価環境を構築し、提供できた。 次期製品の検討プラットフォームに、ラピット環境として 重宝に活用していただいている。
その他
一覧に戻る

Page top